必要書類

1 一般旅券発給申請書(新規・切替(10年用・5年用))…1通

2 戸籍謄本または戸籍抄本…1通
3 パスポート用の写真…1枚
4 本人確認書類…1点または2点
5 前回取得したパスポート
6 住民票の写し

7 代理人の本人確認書類(代理提出の場合)

一般旅券発給申請書(新規・切替(10年用・5年用))

 

申請日時点で20歳未満の方は、5年用のみのパスポート申請となります。
 20歳以上の方は、10年用、5年用のいずれかを選択して申請できます(申請日が20歳の誕生日の前日の場合は20歳とみなされます(「年齢計算ニ関スル法律」(明治35年法律第50号)第1項))
 一般旅券発給申請書(記載事項変更用)とは様式が異なりますのでご注意ください。記載事項に変更がある方でも、新規・切替申請をする場合は、新規・切替(10年用・5年用)を使用してください。
 申請書は機械で読み取りますので、折ったり汚したりしないでください。
 修正液等はパスポート作成上障害となりますので、使用しないでください。


戸籍謄本または戸籍抄本

 

6か月以内に発行されたもの。
戸籍が同じご家族の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本1通で申請できます。


 パスポートを有効期間内に切り替える場合で、氏名・本籍地の都道府県名に変更のない方は省略できます。


申請書の氏名は戸籍通りの字体で記入し、本籍地も戸籍通りに番地まで記入する必要があります。本籍が分からない方は、あらかじめ調べておいてください。


 ただし、外国人との婚姻等のため初めてヘボン式以外のローマ字表記や別名併記を希望される方は、事実確認のため戸籍が必要です。


ヘボン式とは 


パスポート用の写真

 

6か月以内に撮影されたもの。
 この写真がパスポートに転写されますので、

必ず規格にあったものをお持ちください

(平成18年3月20日から写真の規格が変更となっています。ご注意ください)

規格について詳しくはこちら


本人確認書類

  原本で有効期間中のもの。
 記載内容が申請書及び戸籍謄(抄)本・住民票の写し(または住基ネットの情報)と一致している必要があります。1点でよいものと、2点必要なものがあります。

本人確認書類について詳しくはこちら

 


前回取得したパスポート

 

有効なパスポートをお持ちの方は、それを提出しないと申請できません(申請により、前回パスポートの残りの有効期間は失効します)

  • 期限切れのパスポートもお持ちください。

住民票の写し

 

原則として不要です(旅券窓口で住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)により、情報検索をします)
 ただし、愛知県以外に住民登録されている方(居所申請をされる方)は必ず提出してください(6か月以内に発行されたもの)

また住基ネットワークを利用したくない方も必要です。


代理人の本人確認書類(代理提出の場合)

 

代理人が提出する場合は、上記の書類全てに加えて、代理人の本人確認書類が必要です。


 なお、代理提出の場合であっても申請者には必ず申請者ご本人の署名が必要です。所持人自署欄、申請者署名欄および「申請書類等提出委任申出書」(様式によっては「親族又は指定した者を通ずる申請書類等提出申出書」)の申請者署名欄にご署名ください。


お問い合わせ

お問い合わせ 

携帯:090-5110-5125

TEL:052-651-2277

担当:行政書士 森田英樹