1点で確認できるもの

1点で確認できるもの
・日本国旅券
 (有効旅券及び失効後6か月以内の旅券)
・運転免許証
・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付のもの)
・住基カード(写真付きのもの)
・船員手帳
・海技免状
・小型船舶操縦免許証
・猟銃・空気銃所持許可証
・戦傷病者手帳
・宅地建物取引士証
・電気工事士免状
・無線従事者免許証
・身体障害者手帳
 (張替え防止措置済みの写真付きのもの)
・官公庁職員身分証明書
 (張替え防止措置済みの写真付きのもの


2点必要なもの

A欄から2点、またはA欄とB欄から各1点ずつ(B欄から2点は不可)


2点必要なもの(A欄から2点、またはA欄とB欄から各1点ずつ)
A ・健康保険証
・国民健康保険証
・共済組合員証
・船員保険証
・後期高齢者医療被保険者証
・介護保険被保険者証
・国民年金手帳(証書)
・厚生年金手帳(証書)
・共済年金証書
・恩給証書
・印鑑登録証明書
(6か月以内の発行のもの)と登録印鑑
B

・学生証
・会社の身分証明書(通行証等は不可)
 →いずれも張替え防止措置済みの写真付のもの
 (中学生は写真なしでも可)
・市県民税の納税証明書または非課税証明書
 →いずれも最新年で6か月以内の発行のもの


本人確認書類として認められない書類

敬老手帳

  • 課税通知書
  • 印鑑登録手帳
  • 会社から発行される技術者証
  • 写真がはがれているもの、張替え防止措置(割り印、エンボス加工、ラミネート等)のなされてないもの、写真に割り印・エンボス加工等がかかってないもの
  • 遠隔地保険証が発行されていて、本人の記載が抹消された保険証
  • ヨミカタ(ふりがな)が住民票の記載と違うもの(住民票が間違っている場合は、役所で訂正をしてください。)